崩れにくいファンデーションの塗り方

ファンデーションを塗るには、ちょっとしたコツがあります。

それは、顔全体を均一に塗らないということ。

厚塗りが嫌だからといって全体的に薄く塗ってしまうと、お化粧をしていないような感じになってしまい、夕方になるとすっぴんのようになってしまう恐れも。

逆に、シミやくすみをカバーしようとして、全体に厚く塗りたくると、厚化粧感だけじゃなく、崩れやすくなってしまいます。

目元・口元、Tゾーンは、他の部分より少し薄めに塗ります。

こうすると、崩れにくく、他の部分は丁寧に塗ると、ちゃんとお化粧した感じが出ます。

テカリが気になる人は、皮脂を抑える下地を使うと良いです。

ですが、油っぽいのも乾燥が原因かもしれませんので、肌の状態はいつもチェックしましょう。

頬の毛穴が気になる人は、毛穴カバー用の下地を使うと、スベスベのお肌になります。

毛穴が気になるのは、クレンジング不足かもしれないです。

現代のファンデーションは、粒子が細かく、少々のクレンジングでは落ちにくくなってきています。

オイルだと、もともと軽いタッチで洗えるので、落ちきっていないのに洗い流していることも多いとか。

クレンジングがきちんとできているか心配な人は、クリームタイプで、メイクと馴染むと、指が軽くなるというタイプを使うと良いです。

 

参考記事

Copyright(c) 40代のファンデーションランキング|40代が選ぶ人気ファンデーション Design by http://f-tpl.com